・スポンサーサイト ・広島県公立高校選抜(Ⅰ)小論文模範解答集(立ち読み) ・「迷ったときの塾選び・広島」南々社(立ち読み) ・「詩論・金子みすゞ-その視点の謎」東京図書出版会(立ち読み)

RSS

カテゴリ:著作のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 広島県公立高校選抜(Ⅰ)小論文模範解答集(立ち読み)

     2010年11月5日、出版予定です。模範解答と解説を執筆しました。はじめに小論文は「文章による面接」である。~広島県公立高校受検を控えている中学三年生へ~  広島県の公立高校の入試が選抜Ⅰと選抜Ⅱにわかれて行われていることは知っているよね? 簡単に言うと、選抜Ⅰが小論文と面接によって採点され、選抜Ⅱが二日間にわたる筆記試験によって採点される。もっともどちらもこれ以外に学力調査点(内申点)も採点の基準...

  • 「迷ったときの塾選び・広島」南々社(立ち読み)

     全国私塾情報センターの塾業界ニュースで紹介されています。はじめに/わが子に合う学習塾を選ぶために比較検討する正確な情報のないまま、塾を決めていませんか?1.塾選びの基準――うちの子どもは、どの塾が合うのか? 塾を選ぶ基準として、まず塾へ通わせる目的を保護者と小学生のお子さんの間で明確にしておく必要があるだろう。中高一貫校の受験を目指すのか、小学校の授業についていけないために学力を向上させたいのか、...

  • 「詩論・金子みすゞ-その視点の謎」東京図書出版会(立ち読み)

    はじめに 金子みすゞの詩は一見きわめて平明である。 まず 「こだまでしょうか」 (全集Ⅰ・P237) と題された詩について考えてみよう。 「遊ぼう」っていうと/ 「遊ぼう」 っていう。 「馬鹿」 っていうと/ 「馬鹿」 っていう。 「もう遊ばない」 っていうと/ 「遊ばない」 っていう。 そうして、 あとで/ さみしくなって 「ごめんね、 っていうと/ 「ごめんね」 っていう。  こだまでしょうか、/ いいえ、誰でも。   この詩は何...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。