RSS

2009年06月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 「黄落(こうらく)」佐江衆一 ☆☆☆☆

     老老介護について書いた小説である。佐江衆一氏の著作はまったく読んだことがなかったが、このテーマに興味があって読んだ。 ジャンルは佐江氏の私小説である。執筆と講演、大学での非常勤講師を務める「私」五十九歳と、同年齢の妻、それに近くに住む九十二歳の父と、八十七歳の母がおもな登場人物である。作中に「老親老後」という作者の造語が掲載されているが、この言葉に集約されるように、還暦を間近に控え、さらに年老い...

  • コンビニ弁当の値引き販売

     昨日に話は戻ってコンビニの値引き弁当だが、フランチャイズ本部はつくづく「定価販売」をしてもらいたいようだ。値引き販売はコンビニの存在理由がなくなるとばかりに、危機感を抱いているのであろう。しかし捨てるよりは、安く売ったほうが、店として助かることに誰も異論はないだろう。それにニュースを観てはじめて知ったのだが、万引きや廃棄する商品の原価も店側は負担しなければならないそうである。そういえば、コンビニ...

  • 「北の国から」倉本聰脚本

     セブンイレブンへ公取委が弁当値引き販売の排除勧告を出した、つまり販売店が消費期限の近い弁当を値引きして販売するのを、本部が制限するのはやめよと勧告したというニュースを読んで、「北の国から」を思い出した。 牧場の経営に失敗した吉岡秀隆が羅臼に逃亡し、内田有紀の勤めるコンビニで弁当を買う。すると内田が「どうせ捨てる弁当だから」と、吉岡へ弁当をただであげるといったシーンがあったと思う。あのシーンで吉岡...

  • 知事の椅子より代議士になりたい?

     東国原英夫宮崎県知事が自民党の古賀誠選挙対策委員長と会談し、自民党からの総選挙出馬を要請されたが、東国原知事は自分を総裁候補としての擁立を、出馬の条件の一つとして上げため、政界を騒がせているようだ。 まず昨日の会談の様子だが、古賀氏が「私にとって今日は大事な沖縄慰霊の日である。私は毎年、沖縄の慰霊祭に参列していたが(古賀氏は日本遺族会の会長である)、今日は知事にお会いするためにわざわざ宮崎まで来...

  • NHK大河ドラマ

     2011年のNHK大河ドラマが「江(ごう)~姫たちの戦国」田淵久美子脚本に決まったそうである。 現在放映しているのが「天地人」、去年が「篤姫」、来年が「龍馬伝」だから、人気のある戦国と幕末を交互に放映するようである。 「天地人」はときどき観ている。秀吉役の笹野高史がはまり役だと思うが、石田三成役の小栗旬や、初音役の長澤まさみを観ていると、「う~ん」と言いたくなって、あまり真剣には観ていない。読書...

  • 日本語検定試験

     昨日、日本語検定試験2級を受検した。知り合いの塾の経営者から頼まれて受検したのが、実に難しかった。内容は敬語・文法・語彙など多岐にわたり、80点以上が合格である。あらかじめ過去問と解き、それなりに勉強して臨んだが、悩ませる問題が多く、かなり苦労した。私の得点は75~85点程度であろう。だから合格しても不思議じゃないし、不合格でも不思議ではないかと思う。 この検定試験はまだ始まって3年目で、検定試...

  • 勝利第二主義

     最近、熱心なカープファンがわがブログを閲覧してくれているようだ。その理由は「広島的カープ主義」という人気NO.1のサイトに私がコメント書き込みをしているせいであろう。 しかし私自身は自分がカープファンであるかというと、かなり疑問を持っている。なぜならカープが勝つと、何かと難癖をつけて素直に喜ばないくせに、カープが負けても、あまりがっかりしないからだ。それにテレビ観戦していても、3点以上差がついて...

  • 小説執筆に役立つHPベスト3

     小説を執筆する上で、非常に参考になるHPがある。そのうち、私がベスト3だと思うものを紹介したい。 まず何といっても「青空文庫」を挙げたい。これについては知ってる人が多いので説明は避けるが、これを私は盗作防止と表現を真似るために読む。具体的にいえば、詩人が虎になる話を私が書きたいと考えたとしよう。しかし中島敦の「山月記」という高校の教科書に載るような先行作品がある以上、そんな話は書けない。そこで自...

  • なかのひと・ブログランキング

     右カラムに日本地図を2枚、貼り付けている。1枚はジオターゲティングという都道府県別のアクセス、その下がなかのひとという企業や役所、学校などからのアクセスがわかる無料ソフトである。なかのひとをつけて1週間ほど経ったが、日立や富士通などの大企業や大学などからアクセスがあることがわかった。たぶん仕事とは関係なく、仕事の合間にどこかでわがブログの存在を知り、見てくれているのだろう。 これを貼り付けたのは...

  • ボクはキミのためにアイツを殺す

     大阪富田林でショッキングな事件が起きた。高3の男子生徒が高1の他校の男子生徒を河川敷で殺害し、川へ蹴り捨てた。殺害の理由は「被害者と交際している女子生徒から相談を受け、彼女を助けるには、彼の存在をこの世から消すしかないと思った」からだそうである。被害者と彼女は同じ中学の同級生で、彼女は容疑者と同じ府立高校に進学していた。容疑者は二年後輩にあたる被害者を富田林駅へ呼び出し、自転車に二人乗りして河川...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。