RSS

2012年07月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 公立中高一貫校の「適性検査」について

     このブログ内の灘中学入試問題「国語」を解くという書き込みで、学力とは記憶/理解/考察/表現の四段階により構成されると持論を展開したが、これは筆記試験においては、暗記/読解/推理/記述と言い換えが可能かと考える。 そこでさらに持論を述べるが、国私立中学入試では問われる学力は暗記と読解、公立中高一貫校の適性検査で問われる学力は推理と記述というように、まったく性質が異なると考えてよいのではないだろうか...

  • 金子みすゞは詩人になりたくなかった。

     みすゞの自殺時に弟と元夫が東京にいたことを、矢崎氏は著作「童謡詩人 金子みすゞの生涯」(JULA出版局)の332ページ「その後」の中で明記している。にも関わらず、自分が監修(口出しと同義)した「金子みすゞ物語」では、「手帳を送られた弟が不吉なものを感じて急ぎ帰郷すると、みすゞは自殺していた」というようなドラマを作らせる、彼のこの態度は非常に不可解である。物書きとして自分が調べて自著に書いたことと...

  • TBSドラマ「金子みすゞ物語」の嘘

     矢崎節夫氏監修・JULA出版局協力(私はこの人たちを「みすゞ屋さん」と呼んでいる)によるこの番組を観て、実在した人物を主人公としたドラマでは、どこまでフィクションが許されるのかについて考えた。この番組のエンドロールには「このドラマは実話をもとしたフィクションです」と表記されているが、製作者サイドの明確な意図にもとづくフィクションというより、歪曲・捏造、平たく言えば「嘘」がいくつかある。そのうち、...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。