RSS

2014年01月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 「赤ヘル1975」重松清 ☆☆☆☆

     1975年というより、昭和五十年と元号で呼んだほうが私にはしっくりくるのだが、カープの奇跡の初優勝の軌跡(韻を踏んでみました)を縦軸に、転校生マナブ・野球少年のヤス・漢字が苦手なユキオの三人の中学一年生の友情を横軸に展開する物語である。主人公はマナブだから、「よそモン」を自覚するマナブの視点で物語は進むが、昭和五十年当時の広島の雰囲気がよく描かれ、「原爆文学」としても一級の作品だと感じた。 しか...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。