RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

カープのBクラスが今年も決定

 カープが昨日、横浜に敗れ、阪神が勝利したため、カープの一縷の望みであったAクラス(3位・クライマックス出場)の夢が完全に途絶えた。ブラウン監督とはAクラス入りできなけば契約の更新をしない取り決めだったため、Bクラス入りを見越していたカープ球団は、早々と次期監督の座を野村謙二郎氏に要請した。野村氏が拒むことは考えられないので、次期監督は彼で決まりであろう。
 さてブラウン監督だが、彼の任期4年の通算成績は5位.5位.4位.5位(今年はまだ4位の可能性はあるが、おそらく5位だろう)である。私は先日、期待を込めてカ-プ3位と書いたが、やはり力不足だったようだ。しかし結果がすべてのプロにおいては、この成績は彼が「有能」な監督であったと評価できるものではない。フロントに全権を委任されなかったなどの問題はあるにせよ、あるいは一部に若手を育てた、退場などのパフォーマンスに長け、地域密着に尽力したと評価する向きもあるようだが、「勝ってナンボ」の世界では、彼がカープを去るの至極当然である。彼はアメリカンベースボールは日本野球よりはるかに上だと考えている節がうかがえ、また頑なに外国人選手や一部の選手に固執する面があり、私は最後まで彼のファンにはなれなかった。
 そこで野村氏だが、彼がカープ監督に就任することで何が変わるかだが、おそらく多くは望めないだろう。だがもし、彼が大幅なトレードを断行し、カープのぬるま湯体質を一新し、フロントも彼に全権を委任するなら、少しは期待できるかもしれない。しかし「生え抜き」で、よそを知らない、コーチ経験もない野村氏にそれができるかというと、私は大いに疑問を禁じえない。
 わが愚妻は「どうせ野村なら、楽天のノムさんならよかったのに」とのたもうたが、私は大反対である。マスコミばかり顔を向ける彼より、私の最も望む監督は「高橋慶彦」である。カープを(往年のだが)知り尽くし、かつバレンタイン監督の功と罪を知り尽くした彼は、カープ監督として大いに辣腕を奮ってくれると期待したが、かなわぬ夢で終わりそうだ。フロント、いや松田オーナーが、彼をまだ許すつもりにはなれないのだろう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。