RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

魁皇の新記録達成を祝う

 魁皇が幕内通算808勝を達成し、千代の富士を抜き、歴代1位となった。本人はあまり喜んでいないようだが、心からおめでとうといいたい。魁皇は大好きな力士である。だからこそ、この偉業達成にも素直に喜ぶ気持ちには私はなれない。なぜ地元の九州場所で達成してくれなかったのか、それに横綱になれるチャンスはいくらでもあったのに、5回も優勝しながら、なぜ大関どまりなのかという不満は拭えない。しかし勝負の世界だから、この地味な達成のしかたも、魁皇らしいといえば、魁皇らしいのかもしれない。
 ところで今日の対戦相手は千代大海だった。大関同士の対戦は10日以降に組まれると思っていたが、3日目に組まれたのは、千代大海の今場所での引退が確実だからかもしれない。負け続けながらも土俵に上がり続ける千代大海は早く引退せよと言いたいが、優勝する力もなく、8勝7敗を続けながら、土俵にしがみ続けている魁皇も、あまりほめられたものだとは言えないだろう。モンゴル勢ばかり強い大相撲にあって、魁皇は期待の星だが、魁皇が土俵を去る日も遠くないだろう。そう考えれば、これが魁皇の最後の置き土産として、魁皇は近く土俵を去るんじゃないかと、感じた。するとますます大相撲がつまらなくなるなと、思わずにはいられなかった。
 
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。