RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

小林繁という生き方

小林繁が享年57で世を去った。若いな、まだこれからの人生なのに、という思いだ。思えばあの江川事件の頃、朝日新聞を購読していたせいか、また生来のアンチ巨人ファンのためか、小林にはぜひ阪神でがんばってほしいと思っていたが、今度、記録を調べてみて22勝(巨人戦は8勝0敗)もしているのには、驚いた。翌年からはだいぶ巨人戦にも負け越したようだが、これなぞまさに野球(に限らず、スポーツ全般にいえることだが)が、いかにメンタル面、特にモチベーションの高低が、結果につながることの証明だろう。
 野球引退後に離婚・参院選落選・自己破産と、かなりの辛酸をなめたようだが、それもまた「悲運のエース」と呼ばれた彼らしい生き様なのかもしれない。福井に住んでいたのは、妻の実家がゴルフ場を経営し、そこのマネージャーをしていたためらしいが、日本ハムの一軍コーチに来期は就任する予定だったから、この早すぎる死は、彼にとって空港でいきなり「阪神へトレードで出す」と告げられたことと比肩するほどの無念であろう。謹んで哀悼の意を表したい。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。