RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
21: by 市川あずま on 2009/05/06 at 21:46:28 (コメント編集)

高遠さん こんばんは。
私も最近読みました。大好評ですよね。
私は面白かったと思いましたが高遠さんのお話を読んで確かに「おんなこども」の視点が狭い世界にさせてしまっているかもわからないですね。
変った話の進め方で新鮮味がありましたがリアリティといった面では少し、なんというか首を傾げました。
また読後感はよろしくないですね。何もハッピーエンドばかりじゃないにしてもあのラストは驚く前に後味が悪いです。でもそこが書店員さん達の気を引いたといえばそうなのでしょうけど。

22:アマゾンのレビュー by 高遠信次 on 2009/05/06 at 22:15:34 (コメント編集)

市川あずま 様

 ようこそ、いらっしゃいませ。
「告白」の読後感は私も悪かったです。書店員の賛辞が並んでいたけど、まだまだ宮部みゆき・高村薫の域に達するには数年かかりそうだというのが実感でした。
 ところで読みたい本・読んで書評を書こうと思っている本は、アマゾンのレビューをよく読みます。この「告白」も賛否両論が半々だけど、否定する意見にはリアリティに欠ける、読後感が悪いという声が多かったようです。見てるらっしゃるかもしれないけど、アドレスを貼り付けます。http://www.amazon.co.jp/%E5%91%8A%E7%99%BD-%E6%B9%8A-%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%88/dp/4575236284 
 他人の読後感想を読むのは、執筆の参考になると考えて、私は読んでいます。この書評で取り上げた作品は、すべてアマゾンのレビューを読んでから、書いています。ただし、「盗作」はしていません。

▼このエントリーにコメントを残す

   

「告白」湊かなえ ☆☆☆

 ベストセラーはあまり読まないのだが、妻が買ってきたので読んだ。面白くなくはなかったが、心に残るものはあまりなかった。
 この作品の第一章は小説推理文学賞の受賞作品である。つまり短編で受賞した作品が出版社の目にとまり、長編へと書き増したものである。第二章以降は第一章の女性教師じゃなく、犯人の少年の母親が語り手になるというふうに、章ごとに語り手が変わって物語が進められる。
 語弊のある表現だか、「おんなこども」の話ばかりだなと、読み終えて感じた。「やんちゃ先生」という女教師の恋人や、天才少年の母の再婚相手の大学教授が「遠景」としてしか登場せず、すべて「おんなこども」の視点で物語が進められている点が不満に思えた。
 作者は男が書けないのか、あるいは現代を「父性不在」の時代ととらえて、あえて男を書かなかったのかは不明だが、もしラストにもう一章加えて、女性教師の恋人か大学教授の視点で統括させたら、作品はもっと厚みを増したであろう。 お勧め度として3である。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
21: by 市川あずま on 2009/05/06 at 21:46:28 (コメント編集)

高遠さん こんばんは。
私も最近読みました。大好評ですよね。
私は面白かったと思いましたが高遠さんのお話を読んで確かに「おんなこども」の視点が狭い世界にさせてしまっているかもわからないですね。
変った話の進め方で新鮮味がありましたがリアリティといった面では少し、なんというか首を傾げました。
また読後感はよろしくないですね。何もハッピーエンドばかりじゃないにしてもあのラストは驚く前に後味が悪いです。でもそこが書店員さん達の気を引いたといえばそうなのでしょうけど。

22:アマゾンのレビュー by 高遠信次 on 2009/05/06 at 22:15:34 (コメント編集)

市川あずま 様

 ようこそ、いらっしゃいませ。
「告白」の読後感は私も悪かったです。書店員の賛辞が並んでいたけど、まだまだ宮部みゆき・高村薫の域に達するには数年かかりそうだというのが実感でした。
 ところで読みたい本・読んで書評を書こうと思っている本は、アマゾンのレビューをよく読みます。この「告白」も賛否両論が半々だけど、否定する意見にはリアリティに欠ける、読後感が悪いという声が多かったようです。見てるらっしゃるかもしれないけど、アドレスを貼り付けます。http://www.amazon.co.jp/%E5%91%8A%E7%99%BD-%E6%B9%8A-%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%88/dp/4575236284 
 他人の読後感想を読むのは、執筆の参考になると考えて、私は読んでいます。この書評で取り上げた作品は、すべてアマゾンのレビューを読んでから、書いています。ただし、「盗作」はしていません。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。