RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

NHKが名古屋場所放映中止を検討中?

 NHKが賭博問題で揺れる大相撲の名古屋場所を放映するかどうかを検討していると、一昨日のNC9で放送していた。これを見て、私はこれは「バルーン記事」じゃないかと疑った。バルーン記事とは新聞用語で、読者の反応を確かめるために、内容の無い記事をいわば「観測気球」としてあげることだが、翌日の新聞で、NHKへ「名古屋場所の放送を中止しろ」という電話が1899件もあったと知り、この放送はNHKの「アリバイ」作りじゃなかろうかと、いまは思っている。つまり名古屋場所を放送するにあたり、NHKとしては問題意識を前々から持っていたが、諸般の事情を考慮してやはり放送すると決定した。その際の視聴者からの批判をかわすための事前工作じゃなかろうかと疑っている。
 とまれ、NHKにはぜひ放送を中止してほしいと切望する。そうすれば、「当たり前」にあったことが当たり前でなくなるので、大相撲協会はより危機意識を高め、改革を断行するかもしれないと期待が持てる。しかしもしNHKが放送を中止したら、地上波で4時からの2時間、衛星放送で2時からの4時間が15日間も空白になるため、NHKはその穴埋めがたいへんだろうが、NHKはアーカイブスと称する良質な番組を多く抱えているので、何とかやりくりできるだろう。とは言え、もしNHKが折衷案として地上波は中止し、衛星放送は放映するような中途半端なことをすれば、衛星放送を受信していないお年寄りの家庭ではテレビ観戦ができず、かえってNHKは批判されるのではなかろうかと、余計なお世話ながら案じている。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。