RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

禁煙か節煙かに悩む

 10月よりタバコが大幅に値上げされ、私が愛飲しているハイライトが290円から410円にアップする。タバコをはじめて吸ったのは中学2年のとき、悪友に誘われて(誘ってかもしれない)理科準備室に昼休みに忍び込み、そこで教師の吸っていたチェリーを盗んで吸ったのが最初だと記憶している。そのときはタバコの味より、見つかるかもしれないというスリルの味のほうがうまかったように思うが、それから高校2年のころは何がきっかけかは覚えていないが、タバコ屋で買い求め、家や近くの田んぼの隅で吸うようになっていた。それ以来、30数年、吸い続けているが、ニコチンの強いタバコが好きで、ピースやホープも吸ったが、二十歳の頃からずっとハイライトを吸い続けている。このタバコを吸っていると、「労働者のたばこ」だと馬鹿にされたりするが、80円のころから愛飲しているし、マイルドセブンのような紙臭さがないので、どうしてもやめられない。
 それでこれまで一度も禁煙を試したことはないのだが、しかし今回だけは禁煙か節煙をしようと悩んでいる。その一番の理由は「金欠」である。健康のためとか、嫌煙権だの、副流煙などの言い分に対しては、愛煙家のこちらにも言い分があり、それを理由にタバコをやめるつもりはないのだが、さすがに1本が20円以上するようなり、タバコ1箱が牛丼より高くなってしまうようでは考えてしまう。
 そこで10月の値上げに備えて、取りあえず3カートン買いだめして、それとともにタバコの持ち歩きと車内に置くのをやめた。これで必然的に家でしか吸えなくなったが、家を出れば深夜まで家に戻れないサラリーマンじゃなく、しょっちゅう家にいるので、まだ1日に10本前後、吸っている。このペースだと、年末までは買い置きで事足りると思うが、その先どうするかは未定である。禁煙ガムや禁煙シールというのを買うかもしれない。しかし通院してまでタバコをやめるつもりはない。
 「禁煙なんて簡単さ。ぼくは何度もしたことがある」というジョークをたしかアメリカの映画俳優が口にしていたと記憶するが、買い置きがなくなったら、私もこのジョークを口にするようになるかもしれない。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。