RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

今年のカープはもしかしたら……

 開幕戦で中日に連敗し、3戦目にやっと引き分け、今年も「低空飛行」間違いなしかと思わせたカープが、あにはからんや地元開幕戦で巨人に三タテを食らわせた。しかも巨人に許した得点は暴投の1点だけという、完膚なきまでの勝利である。溜飲を下げ、よしよしとほくそ笑んでいたら、マエケンが横浜でノーヒトノーランを達成したというニュースが飛び込んで来た。しかも今日も0-1で勝って、これで5連勝である。
 今年のカープ投手陣は大竹の復活と野村の加入による効果で、それほど連敗はせず、秋口まで借金2~3くらいで行ってくれれば、何とか3位に滑り込む可能性があるかもしれないと思っていたが、まったく予想していなかった「ロケットスタート」である。ただ、まだ上に中日がいるけど。
 しかし打線は相変わらずの貧打だが、巨人ほどの「重症」ではないので、この爆発まで望むのは、「高望み」かもしれない。打撃陣について、特にニックや堂林についてはもう少し「長い目」で見ることにしよう。
 ところで今年のセ・リーグは巨人が首位を、DeNAが最下位を独走し、あとの4球団が日替わりで2~5位を争うと私は予想していたが、8試合を消化した段階で大きくはずれてしまった。もう終わった中村ノリが4番を打つようなDeNAの最下位は予想どおりだが、巨人の貧打はまったくの想定外だった。カープ3戦をテレビで見た限りでは、恐いのは阿部と由伸くらい、坂本も長野もまったく打たれそうになかった。特に小笠原から強打者の「オーラ」」が消えていたのには驚いた。清武の乱や開幕前の朝日新聞の契約金暴露が影響したんだろうか。どうか巨人よ、このままずっと眠ってておくれ。原監督よ、ボウカーとかいう外人をどうかずっとスタメンで使ってくださいまし。
 カープの好調がいつまで続くか分からないが、ただ「投高打低」の傾向は一年を通して変わらないだろう。この投手力をフル稼働し、「鬼門」の交流戦も何とか借金1程度(去年は借金10)で乗り越えてくれたら、セリーグでパリーグに勝てる野球ができるのは中日かヤクルトくらいだから、今年こそAクラス入りがかなうかもしれない。くれぐれも「鯉のぼりの季節まで」の首位争いで終わることのないよう、切望する。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。