RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

カープの5位定着は秋まで続くのか?

 交流戦が始まったが、カープは借金6で迎え、初戦の楽天戦も0-1で完敗した。しかもニックの1安打だけとういう情けなさだ。去年は貯金3で交流戦を迎えたが、パリ-グに借金10を作ったために、5位に甘んずる一因になってしまった。
 貧打対策として町田打撃コーチは楽天の投手のDVDを見せて、各自に対策を練るように指導したそうだが、それは違うんじゃないだろうか、打撃コーチの仕事は先発投手が発表されるんだから、この投手はスライーダーを狙えとか、右に打てとか、あるいは打てそうになかったら四球を狙えとか、ファールでねばって10球以上投げさせろというふうに個々に指導することではないだろか。そうしないといくら先発がゼロで抑えても、昨日のバリントンのように投手を見殺しにするばかりであろう。
 交流戦ではパリーグが強いので、セリーグがみんな負け越すようなら、ペナントの順位に影響はないが、他の4球団(DeNAを除く)が勝ち越し、カープが負け越すようなら、ますます上位浮上は難しくなるだろう。
 ところで今年のカープのスローガンは「破天荒」である。しかしながらこれは「破天荒」だと思えるようなゲーム運びは、これまで私は1試合も感じることはできなった。弱いカープが強いチームと戦って、定石どおりに戦っても、0-1のゲームの連続だろう。ぜひ「おっ」と思わせるような試合展開で、上位に食い込んでほしいと願っているんだが、今年もかなり難しそうだと、はや「あきらめ」つつある自分がいる。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。