RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

カープ後半戦の戦い方

 カープが当面の敵であるヤクルトに勝ち越し、3位と勝率5割を維持している。このまま3位を維持してクライマックスシリーズに出場するためには、お得意様の阪神と横浜、それに負けられないヤクルトに先発四本柱の前田・野村・大竹・バリントンをぶつけ、巨人と中日には四球病の福井・一発病の斎藤・連打病の篠田・5回降板病の今井あたりを投げさせてお茶を濁し、1勝2敗でよしとすることだ。たとえ1位と2位にどんなにゲーム差が離れていようが、3位になれば、3年前のロッテのようにクライマックスシリーズを制し、さらに日本シリーズで優勝する可能性があるからだ。
 しかしたとえ3位になっても、ナゴヤドームで2勝し、東京ドームで3勝しないと日本シリーズに出場できないから、道はかなり険しい。しかしカープは不思議な球団で、一軍半の力量しかない岩本・丸・天谷・赤松・松山・迎あたりが1軍で調子を落とすと2軍に落とされ、2軍で活躍すると1軍に上げられて結果を残すという働きをしている。だから彼らの力量を見極め、クライマックスシリーズにあわせた選手の頻繁な入れ替えが今後も必要であろう。そしてまた対中日・巨人戦にはペナントレースとは異なる「短期戦」の戦略が必要である。」
 ところで今日の中国新聞の投稿欄にはカープの3位を期待するという記事が掲載されていた。それはカープがずっとBクラスで低迷していたため、3位でよしとする論調だったが、勘違いもはなはだしい。クライマックスシリーズがもしなければ2位も最下位も同じ価値である。3位になるのは目的ではなく、日本シリーズで優勝するための「手段」に過ぎないことをファンに、そして何より「チーム」に忘れてほしくない。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。