RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

本を売るのは難しい時代のようだ

 我が家には大量の本がある。しかし必要があって、その一部を処分することにした。私としては玉石混交の蔵書だと思っているが、古本業者にしてみればそうではないようだ。数軒あたったが、「新しい文庫やコミックなら歓迎しますが、古いハードカバーや全集などはお断りです」と言われた。売る方としては愛着があるので二束三文では手放したくないのだが、買いたい人がいないのでタダでも引き取れないという業者の言い分にはうなずかざるを得なかった。
 そこで最終手段として「古本の墓場」とも称されるBOOKOFFに引き取ってもらうか、あるいは図書館に寄贈しようかと考えている。しかしそのどちらも難しいようなら、仕方がないから資源ゴミの日に出すことにしようかな。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。