RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

塾はどうやって生徒を集めているのだろうか?

 塾にとって生徒募集は生命線である。と言うより、命綱と表現した方が適切かもしれない。しかし塾はどうやって生徒を集めているのだろうかというのが、私の常常の疑問である。もちろん新聞に折り込みチラシを入れるという方法は知っている。この時期、新年度生募集のために、多くの塾は合格実績をデカデカと表示し、またある塾は入塾料無料キャンペーンなどと銘打って生徒を募集するので、それにならって新規にオープンした当塾の西条教室でも20日間にわたって折り込みちらしおよび新聞広告で募集したが、問い合わせおよび無料体験が6名、入塾生が予定も含めてだが、4名という実績だった。
 う~ん、この実績では、かけた経費を考えると、とても割に合わないのだが、と言って宣伝しないと、一人も集まらないことは火を見るより明らかなので、痛し痒しという思いである。ある塾では生徒名簿を入手し、やたらめったらセールス電話をかけまくって、生徒を集めているという「噂」を聞くが、はたしてその「テレフォンアポイント」という仕事で、どれだけ生徒が集まるのか疑問だし、そもそもその「名簿」を入手することには良心がとがめるので、この方法で私は生徒を集めたことはない。
 私が行なっているのは「クチコミ」である。いま来てくれている生徒の保護者がママ友にうちの塾の宣伝をしてもらい、お子さんを紹介しくれるという方法を取って、生徒を募集しているが、新規オープンの場合はいわばゼロからのスタートなので、この手法は難しい。
 昨今はネット社会だから、サイトを利用した方法も考えているが、これにも一長一短があると思い、まだブログを時々更新することしかしていない。何かいい方法はないものかと、頭を悩ます日々を過ごしている。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。