RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

算数の問題を方程式で解くことの是非

 小学生に算数の文章問題を教えていて、よく頭を悩ませるのが、方程式を使って解いていいかどうかである。方程式は中学で習うので、算数では使わないのが原則だから、方程式を使うと簡単に解ける問題も少なくないのに、鶴亀算・植木算・旅人算といった特殊な算出方法や、面積図を書いたりして教えている。しかしこういった方法を知らなくても方程式が立てられば簡単に解ける問題が少なくないので、私は方程式を立てて解き、それから解説を読んで教えることがままある。
 この方法がよいのかどうか分からないがわからないが、ただ思うのは、算数に限らず、中学受験を経験し、かなり難しい問題も解けるようになった小学生が受験に失敗して「公立中学」に入った場合、授業のあまりのやさしさに、勉強をなめてしまわないだろうかということである。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。