RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ブログ人気ランキング

 にほんブログ村の人気ランキングにエントリーして、一週間が経ちました。立ち読みコーナーのバナーをクリックしていただいた方、ありがとうございます。おわびすることがあります。ここでのこのブログのランキングだけど、私のパソコンだとマイページで閲覧できるんですが、他のパソコンだとログインしないと閲覧できないことに気づきました。それで「こちら」をクリックの箇所は削除いたしました。
 総合ランキングは292,753サイト中、81,842位から始まり、現在は27,329位です。こう書いてもピンと来ないでしょうが、私も来ません。ただジャンルごとのランキングも表示されるのですが、これがいま一番少ないのが、歴史・時代小説ジャンルです。137サイト中、39位に始まり、現在は19位です。これが10位以内に入り、私のような暇な同好の士の眼に留まらないかと期待しています。
 ところで総合ランキングのベスト10を、私はしょこたんや上地雄輔のような芸能人のブログかと思っていたんですが、考えたらそんな芸能人はこんなランキングにエントリーしなくてもアクセスが多いでだろうから、上位はすべてシロートさんのブログでした。
 驚いたことに10位までのうち6位までが猫の観察日記、7位と8位が犬の観察日記でした。ためしに1位のブログを開いてみると、文字はほとんどなく、延々と猫の写真が更新されていました。この人気度は何を意味するのか。「猫を飼えない猫好きが、猫の写真が日々更新されているブログを閲覧して、心を癒している」と考えて、間違いないでしょう。現実には手に入らないモノを、手触りのないバーチャルの世界に求める。いまはそんな時代なんだなと、改めて感じました。
 しかし、そこに小説のヒントがあるように思えます。この他人が飼っている猫を延々と見続けた閲覧者は錯覚を起こさないだろうか、あたかものこの写真の猫を本当は自分が飼っているかのような。そして猫が病気になったり、死んでしまったら、閲覧者は本当の飼い主に「憎しみ」を抱くんじゃないかなと。そして本当の飼い主をついに探し当て------。考えがまとまりそうなら、短編にまとめてみようかと思います。もっともこれまでアイデア倒れで、ぜんぜん書けなかったり、書き出しても途中で投出した作品は数知れずなので、ここで「書く」と約束することはできません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。