RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

NHK大河ドラマ

 2011年のNHK大河ドラマが「江(ごう)~姫たちの戦国」田淵久美子脚本に決まったそうである。
 現在放映しているのが「天地人」、去年が「篤姫」、来年が「龍馬伝」だから、人気のある戦国と幕末を交互に放映するようである。
 「天地人」はときどき観ている。秀吉役の笹野高史がはまり役だと思うが、石田三成役の小栗旬や、初音役の長澤まさみを観ていると、「う~ん」と言いたくなって、あまり真剣には観ていない。読書でいえば、「流し読み」状態である。直江兼続役の妻夫木聡はよくがんばっていると思うが、直江が歴史に名を残すのは関が原の戦い前後なので、後半は真剣に観ようと思っている。
 去年の「篤姫」は縁のある鹿児島が舞台だったので、真剣にしかも欠かさず観た。しかし「女の道はいっぽん道」という作者お気に入りのセリフが呪縛となり、後半は「徳川という家族」を守ることが篤姫の使命であるというような「家族ドラマ」になってしまったのが残念である。いくら篤姫が大御台(おおみだい)であっても、大奥という閉ざされた世界の主に過ぎない彼女に歴史を動かすことは難しいと思えるのに、あたかも多くの事柄が彼女個人の「手柄」のように描かれている点も不満に思えた。
 来年の「龍馬伝」はたぶん、真剣に観ないと思う。「篤姫」では玉木宏が龍馬を演じたが、「龍馬伝」では福山雅治が演じる。龍馬はイケメンではなく、むしろ武田鉄矢に近いと思うが、アイドルが高知弁を無理に使って演じても、どうもしっくりしないかと思う。
 「江」は浅井三姉妹の三女で、母は信長の妹のお市の方、姉は秀吉の側室の淀である。また徳川二代将軍秀忠に嫁ぎ、千姫と三代将軍となる家光を産む。戦国の三英雄である信長・秀吉・家康と関わるだけに、かなりのドラマ性が期待できる。誰が主役を演じるかは未定のようだが、その役者次第では真剣に観ようかなと思っている。ただ田淵脚本は女性が歴史上で果たした役割を過大評価するきらいがあるので、そんな内容ならば途中で観るのはやめるかもしない。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。