RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

いろいろあった7月

 今日で7月が終わる。今月はいろんなことがあった。以下、身辺雑記を箇条書きにて。
1.部分日食を見た。
 何日前か忘れたけど、広島にて86%の部分日食を見た。ちょうど病院にいたが、レントゲン用のX線フィルムの切れ端を分けてくれて、そのフィルムごしに欠けてゆく太陽を見た。「三日月のようだ」と思ったら、周りのみんなも「三日月のようだ」と感想を漏らしていた。正確には「上弦の太陽」だろうが、そんなものを見るのは数十年に一度なので、見慣れた三日月のようだと唱えるのも無理からぬことであろう。午前11時ごろには周囲が暗くなり、夕方と勘違いしたのか、街灯がともったのには驚いた。
2.集中豪雨に遭った。
 24.25.26日は姪の結婚式のために九州へ帰省したが、山口県東部の熊毛ICあたりで、すごい雨に出くわした。雷雨のため前方は霞み、稲光が走るなか、山陽道は5~10センチほど冠水し、まるで滝の中を走っているような気分だった。太宰治の「走れメロス」の中に、「車軸を流すような雨」という表現があるが、まさにそれを経験した。おまけに九州道の大野城で土砂崩れがあり、福岡IC-大宰府IC間は都市高速を走ったが、都市高速は1000円乗り放題の対象外だったため、遠回りの上に600円余計に高速料金を払わねばならず、せこい私はぶつくさと文句を垂れずにはいられなかった。久留米に行くには八幡ICで降りて、筑豊の冷水峠を越えたほうが距離的に近く、これまではそうしていたのだが、つい1000円で乗り放題ならばできるだけ長く高速に、というせこい了見がかえって高くついてしまった。
3.日本語検定試験2級に合格した。
 合格を危ぶんでいたが、合格したと連絡があった。受検料の4800円(安くないなぁ)が無駄にならずに済んだ。前述の「車軸を流す」もこの2級問題で今年出たが、問題はかなり難しかった。おそらく80点ギリギリの合格だろう(後日追記:得点は87.7点だった)。1級も受けてみたらと勧められ、問題をちょっと解いてみたが、とても手に負えない問題ばかりだった。特に敬語が難しい。敬語は尊敬・謙譲・丁寧の三つから構成されることは知っているが、選択問題がどれも正しく、どれも間違っているように思えて、さっぱりわからなかった。
4.塾を始めた。
 いろいろ思うことあり、また諸般の事情もあって、個別指導塾を開業した。いま知人のお子さん二人を教えている。塾にとって頭を悩ますことの一つが、いかにして徒を集めるかということだろう。大きな看板を掲げ、また西広島タイムスという地域のミニコミ紙に3週にわたって広告を載せたが、問い合わせはたったの1件だった。月間2名の入塾を目標として掲げているが、それをどうやって達成できるか、その目処はまったく立っていない。塾は「母親」のクチコミと「友引」で生徒が集ると思うが、まだその核を熟成している段階である。
 一人で教えるので、あれもこれもと対象を広げず、教科を絞った。それに小論文は以前に教えていたこともあり、また教えることのできる講師が広島では少ないので、これを広げたいと思っている。小論文については広島以外の生徒へ、郵送またはメールによる通信添削・指導も視野に入れている。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。